ピンチ商会はてな本店

鉄道ネタ各種

王千の集落

080211王千石切場から撮影中

前回の三家子、そして会譲(Huirang)、大青(Daqing)と撮影後、一行は貸切バスで一気に鉄法煤業の南線終点の王千(Wangqian)へ向かいます。ここでは事前の手配で上游の体験運転(一人300元)が可能です。ここで撮影組と運転組に分かれ昼までを過ごします。撮影組になった私はまず有名撮影地の駅裏の石切場へ登ります(写真はツアー参加者のT氏の撮影風景です)。しかし石切場の上は非常に風が強く、体がどんどん冷えてゆきます。

080211王千の広場 いくじなしな私は早々に丘を降りて集落を散策することにしました。駅前から踏切を渡り、石材加工場が立ち並ぶ通りを5分ほど進むと小さな広場に着きました。ちょうど出租車(タクシー)や調兵山へのミニバスの停留所らしく、小さな雑貨屋の前に人々が集まっています。

080211王千の小学校
広場のすぐ近くには小学校があります。門の向こうに見えたのは毛沢東の胸像でした。