ピンチ商会はてな本店

鉄道ネタ各種

函館の古豪を待って

100206 湯の川温泉付近を走る530号車

711、1006と来て、今回は函館市電530号車です。まずは前々回の711号車と同じアングルです。この日、ANAの一番で函館入りし、空港から函館駅前行きの路線バスに乗ったのですが、湯の川温泉バス停が電停と離れていることを知らず、エッチラオッチラと電停近くの交差点に出た時には目の前を530号車が函駅方面に過ぎ去ってしまったところでした。どうも湯倉神社前バス停で降りた方が撮影には好都合だったようです。それから530号車が戻ってくるのを待つこと1時間半、薄曇りになったのが残念ではありますが、冬らしく雪の付いた市民会館の並木を背にやってくる姿を撮ることが出来ました。

100206 杉並町電停を出発する530号車
続いては一往復後に杉並町電停を出発するシーンです。この頃にはすっかり曇ってしまいました。左側の木々は遺愛女子中・女子高で、校門からの見事な並木を生かして中から撮ってみたい気もしますが、さすがに無理でしょうね(笑)