ピンチ商会はてな本店

鉄道ネタ各種

津軽の空には秋の気配

100829 金木〜嘉瀬を走る混合列車

津軽鉄道開業80周年イベントの最後を飾るのは、前日に引き続き走った二軸タンク車付きの混合列車です。今回は正面にかつて使われていた「太宰」のヘッドマークを掲げての走行です。夕方近くになって青さを取り戻した空の下、嘉瀬駅近くの築堤を登ってくる混合列車と空の美しい組み合わせを見て来た甲斐があったと思いました。

100829 嘉瀬駅の煙突
オマケのカットは帰りに寄った嘉瀬駅です。まだ気温は30度を余裕で超え、水平線近くには夏雲が見えた津軽ですが、高い空にはもう秋の雲が広がってきていました。秋の訪れも近いです。