ピンチ商会はてな本店

鉄道ネタ各種

智北リベンジ

110101 智恵文から智北へ向かう道路にて
微妙な結果の撮影を豊富で終えた後、前日同様に名寄行き4330Dでラッセル車を追い掛けます。目的地は南美深〜智北のS字カーブ、スケジュールから最後に訪問すると決めていた場所です。ここは2年前にも訪問しているのですが、この時は思い切り空振りに終わっています。(2009年2月のエントリー)。
この場所は智北駅からならすぐですが、問題は4330Dが停まらないということ。しかたがないので次の智恵文駅で下車、雪道を3km近く戻ります。ラッセル車がやってくるのは約40分後、計算では間に合うはずとはいえ最後に線路沿いの雪の中を歩くことを考えるとかなりギリギリ、道路を懸命に歩いて時間を稼ぎます。智北駅を過ぎる頃には雪が降り始めました。

110101 智北駅近くで雪を飛ばすラッセル車
気合いを入れて歩いたおかげか、どうにかこうにか間に合いました。最後の雪中行軍で息切れになりながら300mmにテレコンを装着し、ラッセル車を待ち構えます。待つこと10分ほど、DE15型ラッセル車は2年前からの空振りを吹き飛ばしてくれる迫力で私の目の前に現れました。私はすっかり嬉しくなり、寒さを忘れてシャッターを押しました。

110101 DE15正面アングル
続いて正面写真も。最後の最後でこういう姿を見ることができて行った甲斐があったというものです。といいつつ次は晴天の、あるいはもっと雪をかいているところをと、新たな欲が出てきて困ります。ラッセル車撮影はどこまでも終わりがなさそうです。