ピンチ商会はてな本店

鉄道ネタ各種

くりでん貨物との再会

111113 片町裏信号所に停車中のくりでん車両

前回の青森訪問の翌週に、今度は宮城県栗原市に旧くりはら田園鉄道の今年最後の乗車会を訪ねてきました。私が友人の車で旧若柳駅に到着したのは10時頃なのですが、なんとびゅうツアーの一行がやってきており、そのせいか今回の乗車会は最後まで2両編成での運行となっていました。うまくくりでんが観光資源として認知されればありがたいですね。

111113 乗車会で走るくりでんの貨物列車
今回若柳を訪問した目的の一つが、明治、大正期の貨車を入換機関車が牽く貨物列車です。9月にも走ったそうなのですが、仙台のジャズフェスと日程が重なって宿が確保出来ず、今回ようやく見ることが出来ました。
せっかくのこの編成、横から撮ってかわいらしさを強調したいと、500mの運転区間で1か所だけ道路から視界が開けている場所で撮影しました。実はこれで結構抜けている区間ぎりぎりで、少々撮影に苦労しました。

111113 4月7日の余震で崩れた車庫
この日で今年度のくりでん乗車会は終了です。来年度の予定は決まっていないそうですが、おそらくはまた春以降に実施してくれるのではないかと期待しています。それまでには4月7日の大余震(震度6強)で崩れかけた木造車庫も修復されていてほしいものです。