ピンチ商会はてな本店

鉄道ネタ各種

新宿に泊まる(3300円)

120303 新宿四丁目旅館街
先日、とあるイベントの手伝いで朝8時半に新宿に集合することになりました。はっきり言って早起きが苦手な私、どうせならと以前から気になっていた新宿高島屋近くの旅館街に飛び込みで泊まってみることにしました。
新宿通りと明治通りの交差点近くから入る細道、左手の新宿高校側に地味な旅館が並び、どんどん再開発が進む新宿駅周辺とはまるで違う世界です。そのうちの一軒で空きを尋ねてみると、風呂便所共同素泊まり一泊3300円というカプセルホテルよりも安い値段の部屋があったのでお世話になることにします。

120304 旅館2階上がり口
木の階段を登って2階に来ると、実にしみじみとした館内風景です。他の部屋入口にもスリッパがあるところを見ると、どうやらそれなりに宿泊客はいる様子です(写真は翌朝の撮影)。

120303 廊下奥から見た様子
廊下の奥、共同便所前から見るとこんな感じです。ここが新宿駅から5分ちょっととはとても信じられない落ち着きぶりになんとなく嬉しくなります。

120303 室内風景
部屋は三畳一間です。狭いと言えば狭いのですが、畳に布団というだけで、私にはカプセルホテルよりずっと快適な空間でした。
ところでこの旅館街、昭和30年代にはもっと宿の数も多かったようですが(参考:昭和毎日記事)、駐車場になったりマンションになったり、旅館自体は残っても建て替えられてビジネスホテルになったりで、こんなしみじみとした世界も少しずつ消えていっているようです。