ピンチ商会はてな本店

鉄道ネタ各種

樺南林鉄の終焉に立ち会う(7)

120504 立新に入るレール撤去列車
樺南林業局鉄路訪問2日目、この日の作業を終えて戻ってくるレール撤去列車を立新駅近くのカーブで撮影します。あいにくの曇り空ですが、木立の向こうからやってくる感じはなかなかでした。残念ながらここに写る線路も今はもう剥がされてなくなっているはずです。

120504 立新駅遠望
立新駅で機関車が給水している間に、上り方の丘に登って駅発車を待ちます。とても晴れるとは思っていなかったのですが、一瞬雲間からの日差しが駅を照らしました。立新駅で2台の機関車がともに煙を上げるシーンは、実はそうあるものではないのだそうで、再び陰る前にと何度もシャッターを切りました。

120504 なんちゃってプッシュプル
せっかく2台が揃っているのだからと、石炭輸送があった当時にはあったプッシュプルができないかとガイドを通じて話をした結果、2台の機関車を前後に走らせてくれることになりました。そして駅を出る列車、前後にはC2機関車、いい感じだ…と思っていたら、後ろの機関車が妙にレールバスと離れている気がします。よくよく見ると実は連結せず微妙な間隔で後ろをついてきているなんちゃってプッシュプルではないですか!!主宰の小竹氏(その件の記事)をはじめ、一同苦笑したのは言うまでもありません。