ピンチ商会はてな本店

鉄道ネタ各種

諸河久写真展「電車道」に行ってきた

120721 写真展入口
昨日の話になりますが、品川駅港南口にあるキヤノンギャラリーで開催中の諸河久カメラマンの写真展、「電車道」〜日本の路面電車今昔〜におじゃましてきました。昭和40年代前半を中心とする全国各地の路面電車の姿がモノクロ写真の中にきっちり写しこまれていてなかなか見応えがありました。撮影地も明記されているので、神奈川県庁前や大名古屋ビルヂング前のようにすぐに分かるものから、銀座や仙台駅前のようにすっかり様変わりしたところまでいろいろあり、路面電車の写真は都市風景込みになる分さらに楽しめるものでした。会期は来月9日まで、ただし日曜休館ですのでご注意下さい。
この日開催された講演会でも話があったのですが、今回のモノクロ写真はライトボックスに乗せたネガをデジタル一眼レフで接写→ネガ状態でRaw現像→Photoshopで白黒反転→レベル補正とトーンカーブ補正→ゴミを消して完成、という手順で作ったTIFFファイルをプリンタで印刷したものだそうで、これは参考になる人も多いのではないかと思いました。ポイントは、回折現象を防ぐため接写で絞りすぎない、乱れがちな周辺部を避けるためギリギリで複写しない、画像加工はRGBのまま行う、だとのことです。