ピンチ商会はてな本店

鉄道ネタ各種

大連市電201路の新型

070922新商報一面

昨日までは大連市電の中でも最古参(1935〜38)である3000型が走る203路を撮っていましたが、今日は201・202路を見て来ました。出発前に201は施設更新で運休中、沙河口駅〜興工街は廃止との情報も見ていましたが、実際その通りでした。
で、地元紙"新商報“に、201に入る新型電車の写真が出ていました。今202で走っている一部低床式国産連接車両"大連人"DL6W型の色違いです。記事によると10月より201と203は新201路として全12kmの通し運転を開始、大連人は11月15日から投入とのことです。気になる3000型ですが、歴史的価値が認められて引き続き運行されるそうです。現201路にもオールドタイマーが似合いそうな場所がありましたので、その時はまた撮りに来たいですね。