ピンチ商会はてな本店

鉄道ネタ各種

新幹線博物館

080416 岐阜新聞「鉄」記者ブログ

一昨年11月のエントリーで、神奈川新聞の「鉄道ブログ」を紹介いたしましたが、この4月から岐阜新聞で「『鉄』記者ブログ」が始まっていました。
そこの記事で知ったのですが、JR東海の松本社長が昨日の定例記者会見で「新幹線博物館」設置構想を明らかにしたそうです。記事はそのうち消えるということなので引用させてもらいます。

初の新幹線博物館 JR東海名古屋市に建設
 JR東海は15日、名古屋市港区に、新幹線の歴代の実物車両や最新の鉄道技術を展示する博物館を設置する方向で検討していることを明らかにした。新幹線をテーマにした博物館は全国で初という。数年内の開館を予定している。
 初代の「0系」車両をはじめ「100系」や「300系」などを一堂に集めるほか、2025年の営業運転開始を目指しているリニアモーターカーの実験車両も展示する。新幹線開発の歴史のパネル展示なども検討している。
 建設予定地は第3セクター鉄道「あおなみ線金城ふ頭駅の近く。名古屋市が計画している「モノづくり文化交流拠点」の一画に建設する方針で、同市と協議する。
 松本正之社長は15日の定例記者会見で「子どもたちに新幹線やリニアの魅力を伝えたい」と博物館の意義を説明した。巨額の建設費などから実現性を疑問視されているリニア事業をPRする狙いもあるとみられる。
(4月15日岐阜新聞記事を引用)

JR東海の博物館ですから当然同社が保有していた車両の展示になるのでしょうが、できれば東海道新幹線を走った車両と言うことで500系なども保存してくれないかなと思います。東海道新幹線開通からもう少しで半世紀、新幹線も文化遺産として残す時代がやってきたということなのでしょうね。
(2008年5月20日補足)JR東海から正式発表になりました。