ピンチ商会はてな本店

鉄道ネタ各種

格安スマートウォッチAmazfit bipはGPSロガーに使えるか

Amazfit bip 計測中

最大45日というバッテリーの保ちから一部で話題の格安スマートウォッチAmazfit BipGPS内蔵でログが取れるというので今回買ってみました。スマートウォッチとしてのレポートはいろいろあるのですが、写真撮影時のGPSロガーとして使えるか興味があったのです。
一つ勘違いしていたのは、GPSログを取るには「Activity(活動量計)」モードから画面が動かせないため、時計としては見づらくなることでした。時計表示でGPSログが取れるようになればありがたいのですが。

180915 GPSログ比較

ということで実際にActivityでモードでGPSログを取ってみました。とりあえずは「Outdoor running」での記録です。上の地図で赤い線がAmazfit bip、青い線が同時に記録したGarmin eTrex 20になります。たまたまなのかもしれませんが、こうして見るとeTrexに負けていない印象です。

AmazTools

AmazTools

  • Mattia Fochesato
  • ユーティリティ
  • 無料

ちなみに純正のスマホアプリ「Mi Fit」でGPSの軌跡を見ることができますが、gpxファイルとしてログデータを書き出すことはできないため、iPhoneの場合では上記の「AmazTools」というアプリを使う必要があります。またAmazToolsから書き出されるgpxファイルはUTC協定世界時)ではなくタイムゾーン付きのため、私が使っているMacアプリの「MyTracks」では9時間進んで表示されてしまいました(+0hにしたら正しく表示された)。そのあたりに気をつければ、バッテリーの保ちの長さからGPSロガーとしても使えると思いました。

180916 20失点通知

もちろんスマートウォッチですので、スマホからの通知も受け取ることができます。このようにベイスターズの試合経過もバッチリでした…。

(2018-10-21追記)
前述の時間帯のズレ、タイムゾーン付きの日時、例えば
「2018-10-20T20:56:25+09:00」
を、UTCベースの
「2018-10-20T11:56:25Z」
と修正するのが根本的な解決方法になります。私の場合は「GPSBabel」というソフトを使って別名のgpxファイルに変換することで修正出来ました。